認知症福祉専門員

一般社団法人日本臨床医学情報系連合学会と日本認知症介護学会が共同認定する認知症福祉専門員の団体です。

認知症福祉専門員は、認知症患者とご家族の支援者です。日々の生活から、行政手続き、法律手続き、医療機関、福祉施設の選択、人生相談、終活相談等の広い範囲を認知症に限定し総合的に支援いたします。
我が国では類を見ない初めての認知症関係の学会資格です。

認知症は、我が国が高齢化を迎えた宿命でもあります。誰でもが年を取りますが、年をとれば認知症の発症リスクは増大します。明日は我が身に現実に訪れるのが認知症です。家族が、認知症になったら本人や家族のみで悩まず認知症福祉専門員にご相談ください。
家族の方が、認知症の知識を学び本人と正しい対応をしてこそ認知症の進行を遅くすることができます。対応を間違えると本人と家族が大変な環境に追い込まれます。泥沼化する前にご相談ください。



㈳日本臨床医学情報系連合学会と日本認知症介護学会が共同認定する認知症福祉専門員の団体です。
Japan Dementia Welfare Professional Association
一般社団法人
日本認知症福祉専門員協会
(令和4年11月11日に発起人会法人設立手続き中)
〒231-0023 神奈川県横浜市中区北仲町5丁目57-2-5314
電話050ー3479-5544



協力団体:日本生活者会議
日本生活者会議は、人がより良い生活をするためにはどのような義務があり、どのような権利が有るか。そして未来の人類のために今何をすべきかを考え情報交換と日々の行動を起こし、政府及び社会に対して意見表明をします。
企業に対して生活者としての権利のみを主張する時代は終わりました。まず、生活者から姿勢を正し、未来の人類のために私たちが今できることを考え行動を起こさなければなりません。


協力学術団体Link
㈳日本臨床医学情報系連合学会  日本認知症介護学会
J-ISCM日本臨床医学情報系連合学会 日本保健学会
日本保健医療学会   日本経営実務研究学会医療福祉部会
日本未病研究学会  日本医療福祉学会
ICBM(International Conference on Business Management)
※経営系の学会からはコミュニケーション論、行動心理学等の情報を提供して頂いております。


独立行政法人福祉医療機構が運営する福祉・保健・医療の総合情報サイトです。同機構は、民間活動応援宣言をしています。月刊誌「WAM」が発刊されています。申込み電話03-3562-8426(法研)


テキストのコピーはできません。